パタヤのご紹介

タイ最大のリゾート地、パタヤ

バンコクから南東へ約160キロメートル、タイ東部チョンブリー県の西海岸に位置するタイ最大の観光リゾート都市がパタヤです。

かつては小さな漁村でしたが、1960年代にリゾートとして整備が進められ、以来40年以上にわたって世界中から観光客が訪れる、東南アジアを代表するビーチリゾートとなっております。

首都バンコクから車で約2時間、スワンナプーム国際空港から1時間半というアクセスの良さと、美しいビーチと多彩なマリンスポーツが年間を通じて楽しめるため、タイ国内だけでなく世界中から多くの人が集まります。

パタヤ市内には大型ショッピングモール、大型スーパー、世界各国のレストラン、大型家具店、大型家電量販などがあり生活する上で不便はありません。
もちろん、ナイトライフ、アウトドア・アクティビティなどのエンターテイメントが揃い、また近隣の工業団地へのアクセスも良く、たいへん便利な街となっています。

パタヤ中心部をセントラルパタヤ、パタヤ北部をノースパタヤ、パタヤ南部をノースパタヤ、ノースパタヤより南に行くとジョムティエンと一般的に呼びます。

パタヤビーチで盛んなマリンスポーツ

パタヤでは様々なマリンスポーツを楽しむことができます。
観光シーズンにはバナナボートや水上スキー、ウインドサーフィンを楽しむ観光客が多く見られます。

マリンスポーツはパタヤビーチロード周辺やラン島で楽しむことが出来ます。
ラン島はパタヤ市街地周辺にあるビーチよりも水質が良く、マリンスポーツを楽しむのは絶好のスポットです。

他にもパラセイリングやダイビング、シュノーケリングなどのアクティビティが提供されています。

陸上のアクティビティ

パタヤではマリンスポーツ以外にもたくさんのアクティビティが提供されていおり、日本ではなかなか経験できないバンジージャンプも手頃な値段で経験できます。
ゴーカート場やシューティングレンジなど体感型レジャーも多く、リゾート地ならではの大胆なアクティビティが魅力的です。
観光資源がとても多くありますので、何度行っても飽きのこないリゾート地と言えるでしょう。

パタヤのグルメ

タイと言えば美味しくて健康的なタイ料理。パタヤにも多くの有名店が立ち並んでいます。
海に近いパタヤは新鮮なシーフードが多く集まり、エビやイカ、練り物などを使った料理を堪能することができます。
パタヤ最大のショッピングセンター(セントラルフェスティバル・パタヤ)の地下1階にはフードコートがありますので、食事に困ることはまずありません。
タイ料理のみならず、中華料理やイタリア料理も楽しむことが出来ます。